デザインリフォーム

デザインリフォーム

 イー住まいでは、デザインにもとことんこだわりを持って行います。

「いいデザインって、なんだと思いますか?」

良いデザインとは、ただ見た目を良くするだけのものではありません。イー住まいの考える「良いデザイン」とは、内装や設備の入れ替えだけでなく、それぞれのお客様が住みやすい、使いやすいと思える空間を作ることです。

  建替えと全面リフォームで悩まれている方へ

 

 

デザインと機能の追及

 

どんな家が欲しいのか、それは決して広さだけで表現することはできません。オーナー様の喜びや楽しい時間をデザインし、あなただけが似合う、あなたにしか似合わない家をつくります。

 

家という「箱」だけが欲しくて、家を建てるオーナー様なんていません。多くの方は、新居を手に入れた先に見えるドラマ、未来の暮らしを見たくて家を建てるのです。そこでオーナー様の背景に見える暮らしぶりを引き出す力が設計士に求められます。

 

オーナー様は、設計士に要望を伝えるとき、帖数にこだわります。ほとんどのオーナー様が建築に関しては素人ですから、帖数しか表現方法が見つからないのは仕方のないことです。

 

「明るくて広く見えるリビング」とか「すっきり見える玄関」とか「リラックスできるベッドルーム」など、具体的にいうとキリがありませんが、オーナー様が潜在意識の中で表現したいことを先回りして察知する、形式を具現化するのがプロの設計士の仕事だと思います。

 

家族一人ひとりの想いにより沿う 

家を改装したい」と思う時、その理由や想いは人それぞれです。家族の絆を深めるためなのか、明日への活力を求めて癒される家にしたいのか、二世帯で仲良く同居するための家にしたいのか…。

 私たちは、お客様が何を求めて改装されたいのかをまずお聞きします。とはいっても、最初から明確なイメージをお持ちの方ばかりではありません。決して安い買い物ではないので、不安になって当然です。

 10組のご家族がいれば、10通りのライフスタイルがあります。立地の条件、家族の人数、好みのテイストも違います。

 そのご家族が家に暮らす目的をきちんと汲み取り、その想いに真摯に耳を傾けることが私たちの役目です。

 私たちがみなさまにご提案したいのは「細かい部分まで計算し尽くされた、本物にこだわった家創り」です。

 設計士の「作品」ではなく、「プロのしごと」としてご提案するためには、何よりもまず、ご家族全員と膝を交えてとことん話し合うこと。ご家族と何度もお話させていただく中で、どんな小さな不安でも疑問でも抱え込まずに吐き出していただき、安心して家づくりをお任せいただけるよう、私たちは常にお客様の気持ちになって考えます。

 打ち合わせの席で、自分の意見を言いたくても言えない人はいないか?ずっと黙っている人はいないか?ひとり一人と時間をかけて真摯に向き合い、住まい手とつくり手のキャッチボールを通して、見え隠れする本音を丁寧にすくい取り、隅々にまで家族の想いが行き渡った住まいをつくる、イー住まいの目指す「プロのしごと」です。

 
良いデザインって何だと思いますか? 良いデザインって何だと思いますか?

 

ページトップへ