二世帯住宅をご検討されている方は、たくさんいらっしゃいますが皆さん悩まれるのは『ご両親との関係』『生活習慣の違い』『別々に暮らすのとのコストの違い』『将来の事』といった内容がほとんどではないでしょうか?

 

二世帯リフォーム

二世帯住宅って、実際どうなの?

“二世帯住宅”とひとくくりにいってはおりますが、実は種類があるんです。

『完全同居型』 『一部共有型』 『完全分離型』大きく分けるとこの3種類になります。

  • ほぼすべての部分を共有して同居する『完全同居型』

これについてはご両親との関係性がある程度築けていないと、ご両親との生活習慣の違いから、お互いに不満が溜まったり、行き違いから親子関係や夫婦関係が

悪くなったりと大きいリスクがあります。しかし、ご両親との関係が良好で完全同居していても問題が起きない場合はコスト面では、本来2世帯分必要なものがすべて1つで済むので他の住まい方よりも非常にコストを抑えることが出来ます。また物件のサイズもあまり気にしなくてもいけますので間取りの自由もある程度ききやすくなります。

 
  • 全ての部分を完全に分離して同居する『完全分離型』

1Fと2Fでご夫婦とご両親、完全に住みわける等で完全に別々に生活するスタイルです。同じ建物内で住んではいるのですが完全に住みわけをしているのでご両親との顔を

合わせる機会がほとんどありません。別々に住んでいる状態に近い感じで生活できます。更に別々に生活をしているけど、すぐ近くにいるのでいざという時に助けて貰いやすい、声をかけやすい等でご両親との関係を安定して築きやすい状態です。しかし近いのに別々すぎて変な距離感が出来てしまって逆に声をかけずらくなるケースも…

更にコスト面では完全に分離するのですべての物が2世帯分必要になってきます。

キッチン、風呂、トイレ、洗面等…これだけでも完全同居型と比べるとかなりのコストアップになります。建物サイズも2世帯分を確保する必要があるのである程度大きいものに限られてしまいます。(1部屋のサイズも小さくなりがち)

 
  • 一部を共有して使用しながら同居する『一部共有型』

こちらは『完全同居型』と『完全分離型』の間を取ったスタイルになります。

両方のいいところをうまく取れば非常に有効なスタイルです。例えばダイニングキッチンと風呂、洗面は共有して生活する。これにより普段はリビングで別々の時間をゆっくり過ごしてもらいながらも、食事の時間は顔を合わせるのでまったく一緒の時間がないことはないけど、ずっと一緒というわけではないので適度な距離感を保てます。更にキッチン、風呂、洗面は1つで済むのでコスト面も抑えることが出来ます。このように生活スタイルや建物サイズに合わせた内容でうまく共有すると効果的に過ごせるのではないでしょうか

こちらで大事になってくるのはお願いする設計士さんとのしっかりした打ち合わせになります。打ち合わせが中途半端だと思いが伝わらず、思っていた共有スタイルにならない可能性もあります。将来の事まで親身になって考えてくれる設計士さんが理想的ですね。

 

 

このように選ぶスタイルによって全然変わってきます。

どのスタイルをとっても家づくりのプロと相談しながら考えて作り上げていくのが成功への近道だと思います。

お父さんも、お母さんも、ご主人も、奥様も。みんなが笑って過ごせる暮らしが出来るよう考えて工夫していくことが大切ですね。

 

ページトップへ